お金をかけずにもっとも簡単にしらみを退治する方法

 しらみ駆除道具の中で、もっとも使えると思うのがスミスリンLシャンプーです。

【第2類医薬品】スミスリンLシャンプータイプ 80mL

 スミスリンを説明書通りに使えば、だいたい誰でも二週間ほどでしらみを駆除しきることができます。

●お勧めの理由5つ

1・通常のシャンプーと同じように使えます。
 シャンプーを髪全体に馴染ませることができるので、しらみ除去用の梳き櫛などと違って、しらみや卵を見落として駆除し損ねるといったことがありません。

2・しらみの卵も殺す力があります。

3・しらみの卵を頭髪から除去するための櫛が、パッケージに入っています。
 髪にがっちりくっ付いた卵や卵の殻を取り除くのに使えます。

4・天然成分系の駆除薬に比べて効果が強力です。

5・値段が安い。

 重要なのが5です。
 例えば、天然成分で作らられたこちらの『ノンノン 殺虫剤不使用 人体無害 天然成分 ハーブ アロマ ピレスロイド系薬剤など不使用』は、2,850円しますが、スミスリンは、 1,973円です(2017年3月31日Amazonでの値段)。

 天然成分で作られたしらみ駆除シャンプーより値段が安いのです。

●2つの欠点はあまり問題ではない

 スミスリンの欠点としては、
 1・ピレスロイドという農薬に使われている殺虫成分が含まれていること。
 2・この殺虫成分に抵抗を持った新型しらみがいること

 が挙げられます。
 しかし、私がサイトの掲示板で、しらみ感染者の相談に10年近く乗ってきたところ、スミスリンを使って健康被害が出たという人は、用法を守らず、大量に使った人のみです。
 具体的な健康被害は、赤い出来物ができて、頭が痒くなったというもので、あまり大したことはありません。

 スミスリンは日本の厚生労働省が認可しているシャンプーですし、用法を守って適度に使えば、健康被害が発生することはまずありえないのです。 

 また、殺虫成分に抵抗を持った新型しらみも、あまり数が多いとは言えません。
 古いデータですが、2007年に国立感染症研究所が16都道府県の130人・295匹を検査したところ、4%にあたる5人にしか、スミスリンに対する抵抗遺伝子を持っていませんでした。

 現在では、スミスリン以外の駆除方法もたくさんあるので、スミスリンしか選択肢がなかった昔に比べて、抵抗をもった新型しらみは減っていると思われます。

●しらみ駆除櫛はめんどう!

 しらみ駆除櫛を使って、しらみや卵を手作業で取り除く退治方法もありますが、これは手間がかかって大変です。
 毎日、お風呂上がりに、お子さんの頭をチェクして、櫛で卵を取り除くような面倒くさい作業をしたいと思いますでしょうか?

 スミスリンシャンプーを使って、2周間でお子さんに感染したしらみを全滅させた方が、お金も手間もかからず、ラクチンです。

【第2類医薬品】スミスリンLシャンプータイプ 80mL

 お金も手間もかけたくないなら、スミスリンシャンプーを選びましょう!