しらみを退治するためには、どうしたら良いのか? 感染を防止するためには? 全国のママさんたちの実体験から作るしらみ対策サイト。

しらみの卵を取り除くには?

 しらみの卵は、白っぽい色(ベージュか茶色の間くらい)をしています。
 フケと見分けが付きにくいですが、フケと違って指ですいても取れず、やや立体感と光沢があるのが特徴です。大きさは約0.8ミリです。

 卵は髪の毛の根元あたりに産み付けられます。
 7〜10日で孵化し、幼虫が生まれます。

 頭じらみの卵
頭じらみの卵

 憎きしらみを退治するためには、しらみの卵を完全に取り除く必要があります。
 いくら成虫をやっつけても、卵があれば奴らは何度でも姿を現しますので意味がありません。
 しらみとは本当にやっかいな害虫です。
 では、どうやって卵を取り除けばいいのでしょうか?

 それにはしらみ退治専用の櫛を使って卵を除去するしかありません。

 残念ながら髪を梳かすために使うふつうの櫛では目が粗いため、小さなしらみの卵を取り除くことができないのですね。
 そのため、しらみ退治用に目の細かい梳き櫛が作られ、使用されてきました。
 現代で、最も評判の良いしらみ退治専用櫛は、ニットピッカーフリーコームです。しらみと卵、両方を除去できます。
 ↓

『ニットピッカーフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛』

 剛毛の方はライスガードコームがお勧めです。この梳き櫛は、髪が引っ張られてお子さんが痛がらないように工夫されています。

 この方法は、平安時代より昔から行われていた伝統的な退治方法です。
 源氏物語に出てくる平安京のお姫様なども、この方法で日々、しらみと戦っていたようですね。

 1つも残さずしらみの卵を取り除くのは、髪の長い女性たちにはとっては、かなり根気のいる作業だったようです。
 そこから発生した言葉に「虱潰し」なんてのもあります。
 物事を片端から一つ一つ落ちのないように処理することを言う言葉です。

 戦前まではあまり衛生的でない時代でしたから、しらみに寄生されている人が多く、例え、自分の頭から卵を取り除くことができても、すぐにまた感染してしまうなんてことになってしまい、昔の日本人は仕方なくしらみと共存したいたのが実情だったようです。

関連情報