しらみを退治するためには、どうしたら良いのか? 感染を防止するためには? 全国のママさんたちの実体験から作るしらみ対策サイト。

スミスリンシャンプーによる駆除のコツだまさんからの質問 2009年

 スミスリンシャンプー とパウダーの使用頻度についてお尋ねします。

 幼稚園の先生が次女のアタマシラミを発見して下さり、スミスリンシャンプーで駆除するようにその幼稚園で教わったのですが、家族四人全員が一緒に寝ているので心配になり、とりあえず私と娘二人が皮膚科を受診したところ、次女と私に卵があるのが確認されました。

 長女には見当たらなかったけれども、いると考えるほうが無難とのことで、夫も含めて「家族全員」「スミスリンでシャンプー+寝る前にパウダーを頭皮につけ、シャワーキャップをつけて、一晩寝て、翌朝洗い流す」ことを「毎日二ヶ月間、最低でも二週間」続けるように言われました。

 箱に書いてある用法には「三日に一度で三、四回」とあるし、ネットや家庭の医学などで調べても同じで、
 むしろ、スミスリンを過剰に使うと有害らしいことが書いてあり、皮膚科専門医の指示とはいえ、心配です。

 しかし、「確実に駆除するにはここまでしないとだめ」と言われたのに指示を守らずにいたら、本当に駆除できないのかもしれないと不安です。どうでしょうか?
 ちなみに、長女5歳、次女4歳で縦割り保育のため同じクラスです。
 体操時の帽子は幼稚園から貸し出しという形で共用している状態です。

●答え●

 だまさん、こんにちは。
 うーん、難しい問題ですが、ここは別のお医者さんにも診察してもらって、セカンドオピニンを求めてどうでしょうか?
 違う専門家の意見を聞くのです。
 私も薬についての専門的な知識は持ち合わせてないので、説明書の通りが良いのか、お医者さんの言うことが正しいのか、残念ながら判断できません。

だまさんの返信

 松浦様、返信ありがとうございます。

 スミスリンシャンプーの箱にあるお客様相談電話に問い合わせてみました!
 ご報告を兼ねて教わったことをまとめてみます。
 皮膚科がそのような指示をした理由として考えられるのは、

・一回目のシャンプーで幼虫と成虫は死滅しても、死滅せずに孵化する卵はあるので、次のシャンプーまでの間に孵化した幼虫が血を吸ってかゆみ症状など起こすのを防ごうと考えた。
・頭皮の状態を見て肌荒れ等の心配がなさそうだと判断した。
・シャンプーの仕方が不十分な場合、成虫や幼虫も残るおそれがあると考えた。
・よほど被害の程度がひどい場合かもしれない。

●スミスリンシャンプーを完全に頭皮・頭髪全体に行き渡らせ、虫の逃げ場を完全になくして5分以上しっかりつけおく(時間が短くても付け方が不十分でもだめ)。

●スミスリンシャンプーを洗い流した後、死滅した虫の死骸を洗い流すために、普通のシャンプーで洗うほうがよりよい。
 また、万一死なずに弱っただけの虫がいても、事後のシャンプーで洗い流せるので、シャンプーしてくださいとのこと(説明書には「使用してもよい」とあるけど、「使用すべし!」ですよね)

●付属(でなくてもいいけど)の梳き櫛でしっかり梳きとって、虫の死骸と卵を出来るだけ出来るだけ出来るだけ(しつこい?)除去する。

 のがポイントだと教えてくださいました。
 スミスリンシャンプーを毎日使っても問題はないが、それで効果が上がるわけではないようです。

 寝具カバー類や衣類の熱湯消毒・洗濯や寝具・畳などへの掃除機かけをきちんとすれば、スミスリンシャンプーだけを使用説明書にあるとおりの三日に一度×4回で十分駆除できる。
 という説明に納得し、折衷案? として、毎日梳き櫛+スミスリンシャンプーを3回連続→二日おきに2回 でとどめをさすことにしました。

 個人的には、スミスリンを過剰に使うと有害であるらしいので、一晩中パウダーをつけて寝るというのは、やらない方が良いかと思います。