しらみを退治するためには、どうしたら良いのか? 感染を防止するためには? 全国のママさんたちの実体験から作るしらみ対策サイト。

しらみって、どんな生き物?

 しらみとは人間の頭髪や衣服に寄生し、血を吸って生きる寄生虫です。
 しらみに血を吸われると、蚊と同じように強いかゆみが起きます。

 しらみの中でも、衣服に潜むコロモジラミは、有史以来、発疹チフスを媒介する大害虫として恐れられてきました。
 戦後、進駐軍によってもたらされた万能殺虫剤DDTの威力と、生活環境の改善により、日本ではすっかり目にしなくなったハズのこのしらみですが、最近ふたたび増えてきて目に付くことが多くなってきています。
 海外旅行者が増えたため、海外でしらみに感染して、それを日本国内に連れ帰ってしまうことが、大きな原因のようです。

 しらみ”という名の語源は“白虫”からきていると言われます。
 空腹時のアタマジラミは白っぽく、血を吸うとしらみの体が赤くなっていきます。
 アタマジラミの体長は、雌2〜4mm、雄2〜3mmですが、吸血した直後は身体が膨張してやや大きくなります。
 ノミは成虫、蚊はメスの成虫だけが吸血するのに対し、しらみの場合はオス・メス関係なく、
 また幼虫から成虫まで一生を通じて血を吸います。
 最近、アタマジラミが幼稚園児や小学生の頭に発生していることが話題になっていますが、

 頭を洗うだけでは簡単にとることができません。
 しかも卵は7〜10日でかえるので、どんどん増えてきます。

 感染すると、例え、毎日、シャンプーで頭を洗っていても平均して、10匹ほどのしらみが頭にいるようになります。

 しらみは繁殖力が強く、卵を髪の根元にがっちりとセメント上の物質で接着させて生むので、シャンプーだけで退治することは不可能です。

 もし、シャンプーをせずに放置しておいたりすると、あっという間にしらみの数は200匹くらいまで増えます。

 また、実際には感染にほとんど関係のない「不衛生な環境がしらみ発生の原因」とする誤解もあり、誰にも相談できずに悩む親御さんが多くいらっしゃるようです。 

 ですが、必要以上に怖がることはありません。
 きちんとした対処をすれば10日くらいで駆除できてしまいます。

関連情報