しらみを退治するためには、どうしたら良いのか? 感染を防止するためには? 全国のママさんたちの実体験から作るしらみ対策サイト。

しらみに寄生されると?

 しらみに寄生されると、血を吸われます。身体が小さいので、量的にはたいしたことはありませんが、その際、麻酔効果のある唾液を出します。そのせいで強いかゆみが起きます。蚊と同じです。
 患部には湿疹が出ないのが特徴です。
 かゆみのあまり頭をかいてしまうと、ひっかき傷ができ、そこからバイ菌が入って、しまいます。

 かゆくても頭皮はなるべく掻かないように気を付けてください。

 もし皮膚の症状がひどくなってしまった場合は、かゆみ止めの内服や外用も必要です。
 しらみの痒みは、人によっては我慢できないくらいの強さである場合もあれば、まったく痒みを感じない人もおり、個人差があります。たいていの場合は、強い痒みを感じます。

 また、衣に寄生するコロモジラミは、発疹チフス、塹壕熱(五日熱),回帰熱などの病原菌を媒介します。
 海外などでコロモジラミにかかった場合は、これらの病気に感染してしまう危険性があるので、病院で検査してもらいましょう。

関連情報