しらみを退治するためには、どうしたら良いのか? 感染を防止するためには? 全国のママさんたちの実体験から作るしらみ対策サイト。

しらみのシーズン

 同じ吸血害虫の「蚊」は、主に夏を中心に発生しますが、
 しらみの発生には季節変動が、あまりありません。
 冬だからいない。夏だから大量に発生する、なんてことがないのですね。

 人間の頭髪の中という、常に温かくてエサにも困らない場所に住んでいるため、他の虫たちと違って、一年中活動できてしまうのです。

 そんな彼らの発情期もまさに年中無休で、休まずどんどん繁殖を続けます。
 繰り返しますが、しらみの発生は幼稚園から小学生ほどのお子さん、特に女の子に多いのが特徴です。
 小さなお子さんのいる家庭では、常にしらみに対しての警戒を払ってあげましょう。

 傾向として、しらみは夏には少なく秋から冬にかけて多発するようです。
 幼稚園・学校ではプール使用前に検査することから5〜6月に見つかる率が高くなります。

 旧厚生省がまとめた月別患者数では、6月と10月がピークになっています。
 この時期はしらみに注意された方が良いでしょう。