しらみを退治するためには、どうしたら良いのか? 感染を防止するためには? 全国のママさんたちの実体験から作るしらみ対策サイト。

しらみの幼虫

 しらみは、いきなり成虫として生まれてくるのではなく、最初は幼虫です。
 成虫と幼虫は、カブトムシのようにまったく姿が異なる虫もいますが、

 しらみの幼虫と成虫の形はほとんど変わらず、見分けがつきにくいです。
 また、しらみは幼虫でも成虫でも吸血します。

 卵からかえった時から、血を吸い始めるのです。
 幼虫と成虫の違いは、卵を産むか産まないかくらいと言って良いでしょう。
 幼虫は蛹にはならずに約1〜2週間で3回脱皮して成虫となります。

 しらみの卵から成虫になるまでの期間は約3週間です。
 成虫の寿命は約1ヶ月ぐらいといわれています。

 しらみの幼虫の退治方法も、成虫とまったく同じです。
 髪にいる幼虫は専用櫛で取る、あるいは駆除シャンプーで退治します。シーツや帽子などに入った虫は、60℃以上のお湯に10分以上浸ける熱湯消毒で駆除します。