しらみを退治するためには、どうしたら良いのか? 感染を防止するためには? 全国のママさんたちの実体験から作るしらみ対策サイト。

トコジラミに咬まれた時の症状と治療法

 トコジラミは、人が寝静まっている夜の間に活動し、首筋や、手足など、服から露出している部分を咬んで、血を吸います。
 初めて咬まれた時は、痒みはほとんど無く、無症状です。

 しかし、2回目以降からは、数時間経った後に、赤い斑点ができ、激しい痒みを感じます。咬まれた直後は、痒みを感じないので、飛び起きて虫を叩きつぶすといったことができません。

 痒みの症状が現れるのが遅いのは、トコジラミの唾液に麻薬物質が含まれているためです。
 また、蚊のように一カ所だけ吸って終わりではなく、獲物の上を歩きながら、点々と吸い続けます。
 その痒みの威力は、人をノイローゼに追い込むほどです。仕事をすることも眠ることも出来なくなると言われています。

 患部は蚊の咬まれた痕と似ていますが、蚊による被害よりも症状が長く続き、治療しにくいのが特徴です。

 患部に50℃程のお湯を10秒〜1分程度浸けると症状が改善するようです。
 また、痒み止めの抗ヒスタミン剤を飲んだり、ステロイドクリームで治療することができます。